アースホーム

アースホームは、資金計画のサポートやインテリアのプロによる内装の提案を行ってくれる工務店です。こちらでは、口コミ・評判や家づくりの特徴についてまとめました。

アースホームの口コミ・評判集

どこにいても快適に過ごせる家になりました

まったくの素人でしたが、相談の折にはイラストなどを使って丁寧に説明してくれたので、納得したうえで家づくりを進められました。エアコン1台つけるだけでLDKのどこにいても快適に過ごせます。断熱材を使うだけでこんなに変わるとは思ってもいませんでした!寝室にはロフトがついており、広々と使えるのでとても気に入っています。

ソーラーで光熱費ゼロの家が実現しました

ソーラーパネルを載せ、光熱費がゼロになる家を目指して家づくりを進めました。完成してから半年ほど建ち、冬を迎えましたが、室内では半袖でいられるくらい快適です!むしろ、あまった電気を売れるのでプラスになるくらい。室内はもちろん、お風呂場や廊下など冷えやすいところでも温度差を感じないので感動しています。

施工前から完成後まで細かなサポートをしてくれるアースホーム

アースホーム_健康住宅_キャプチャ画像
引用元HP:アースホーム公式HP
https://www.ichiri.co.jp/

アースホームのモットーは、「施主のお客様とは、一生のお付き合い」。注文住宅を建てる際には小さなことにも耳を傾けて、不安を一つひとつ取り除き、こだわりを形にしていきます。資金計画からインテリアの手配まで行うほか、困った時こそ「すぐに駆けつけること」が信頼を作るうえで重要だと考えており、家が建った後も手厚いサポートを欠かしません。

アースホームの特徴

じっくりとヒアリングしてそれぞれの「快適さ」を見つけ出す

まずはささいな不安や相談にも耳を傾けるべき、という信条を掲げているアースホーム。一人ひとりが胸に秘める思いやライフスタイルを考慮して、施主が「快適さ」を感じるのはどういう時かを見つけ出し、それを家づくりに活かしてくれる工務店です。

仕様に合わせたインテリア提案を行う

アースホームは、インテリア会社と連携して、家具や照明といった住まいを彩るインテリアを提案してくれます。新築の家がもつ表情はそれぞれ違うもの。家の雰囲気にしっくりと馴染むインテリアをプロの目線からアドバイスをしてくれるので、「内装の細部までこだわりたい!」という方にぴったり。また、インテリアの費用も住宅ローンと一緒に組み込むことができます。家づくりにおける資金面の不安も考慮したうえでインテリアを提案してくれるのが嬉しいポイントです。

アースホームの特徴と評判をプレイバック!

アースホームは所沢市・狭山市・入間市を中心に注文住宅やリフォームを行う工務店です。家づくりだけではなく、インテリア会社と提携して、内装までこだわった家づくりを提案してくれる点が特徴。施主と一生のお付き合いができるように、アフターフォローにも力を入れているそうです。

ただ気になるのは、隅々までこだわれるぶん金額がかさんでしまうところ。「住まいにはこだわりたい、だけどできるだけ安く抑えたい…」という方は、いろいろな工務店・ハウスメーカーと比較してみるのも良いかもしれません。

アースホームの会社情報

会社名 株式会社市理
住所 埼玉県所沢市榎町8-12 市理ビル
対応エリア 所沢市・狭山市・入間市など
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日、祭日
アクセス 西武鉄道「小手指駅」北口出口より徒歩9分

アースホームの家づくりはここに注目

アースホーム_施工事例_下層ページ用_1
引用元HP:アースホーム公式HP
https://www.ichiri.co.jp/post_69.html
アースホーム_施工事例_下層ページ用_2
引用元HP:アースホーム公式HP
https://www.ichiri.co.jp/post_69.html
アースホーム_施工事例_下層ページ用_3
引用元HP:アースホーム公式HP
https://www.ichiri.co.jp/post_69.html
アースホーム_施工事例_下層ページ用_1
アースホーム_施工事例_下層ページ用_2
アースホーム_施工事例_下層ページ用_3

デザインと機能性を兼ね備えた住み心地抜群の家

オシャレなデザインもさることながら、機能性にもとことんこだわった住まいです。光熱費を抑えられるように断熱材とサッシを設け、太陽光発電システムも搭載。収納スペースをたっぷり作りつつも、それを感じさせないスッキリとした空間になっています。

異なる2つのテイストを掛け合わせた夢の住まい

プランニングの時点では旦那様と奥様の「テイスト」へのこだわりが食い違っていたそうです。旦那様は「西海岸風にしたい」と考えていて、奥様は「ブルックリンにあるカフェのような家にしたい」と考えていました。そんな二人の要望をミックスさせて生まれたのが、このカリフォルニア×ブルックリンテイストの住宅です。