購入の流れを知ろう

住宅購入の流れを解説しています。土地の用意から入居まで、どのように進められるのか把握しておきましょう。

注文住宅はどうやって建てるの?住宅購入の流れまとめ

家を建てたいと思っても、どこに行って何をすればいいのかわからなくては何も始まりません。まずは、住宅購入の流れを確認することから始めましょう。

ここでは、土地の購入から入居までの流れをまとめています。

土地探し

まずは、どのエリアに家を建てるのか考えましょう。どの市区町村にするか、あるいはどの鉄道路線沿線にするか、というところから絞り込んでいくとよいでしょう。それから、住みやすさや交通の便、子育て支援などの行政サービスなど、住む土地に求める条件をリストアップしてみましょう。土地の広さや家の大きさも、この段階である程度考えておきます。

購入する土地のイメージができたら、実際に物件探しを始めます。

土地の探し方は?

家を建てる土地の探し方は、不動産会社に依頼したり、家を建てる住宅会社に相談して探してもらう方法があります。もちろん、自分でその街を歩いたり、インターネットを使って物件を探すのもよいでしょう。

建築会社を探す

できれば土地探しと並行して進めておきたいのが、住宅会社の選定。

住宅ローンを組む場合に、金融機関に家づくりのプランを提出する必要があります。この時、土地を見つけてから建築会社を探し、住宅プランを作ってもらっていては、その間に他の人がその土地を購入してしまう可能性があります。

また、「まずは土地を買って、家づくりはそれから…」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、土地と家の代金を別々のローンで支払うと、土地の分の住宅ローン減税を受けることができません。

土地を決めてから建築会社を探すのはデメリットの方が大きいので、土地と同時に探しておくことをお勧めします。

着工・完成

建築会社が決まり、住宅プランができて住宅ローンの審査に通ったら、土地の購入と建築の契約を済ませます。プランに沿って工事が始まり、途中で着工金や中間金の支払いが発生します。

着工金・中間金に注意!

住宅ローンは、家が完成してから融資金を受け取ることになります。しかし、その前に着工金や中間金を払わなければなりません。これは自己資金では払えないことが多いので、一時的に着工金や中間金を払うための「つなぎ融資」を利用するのが一般的です。

完成!

無事に家が完成し、引渡しが済んだら、住宅ローンの融資を受けられます。工事代金の残金とつなぎ融資の返済を行い、不動産登記を済ませると、ついに夢の注文住宅が自分のものになります!

土地と建物以外に発生する費用

土地の購入代金、家の工事費用以外にも、いろいろな費用が発生します。

具体的には、不動産会社に支払う仲介手数料、住宅ローンの事務手数料や保険料、不動産登記の手数料や司法書士の報酬、入居後の不動産取得税、固定資産税・都市計画税などが挙げられます。

不動産会社もしくは住宅会社とよく確認し、途中で予算が足りなくなることのないようにしましょう。