自分の理想の家をイメージしよう

マイホームのイメージを決めるためにやるべきこと

マイホームを建てる際に必ず把握しておきたいのは、費用相場です。家の設計を考えているときは「こうしたい」「ああしたい」と思いが巡り、ついつい夢が膨らみます。その結果、すべて叶えようとして予算オーバーに…

費用から実現できるかイメージする

実際に家を建てるのに、どのくらいの費用が必要になるのかを30坪の家を例に紹介します。

ローコスト 家の本体価格が1,000〜1,500万円程度。それに諸経費がプラスされることで、総額が1,500〜2,000万円程度になります。ローコスト住宅の場合、間取りはある程度自由があるものの、構造といった仕様の選択肢が狭まるのが難点です。
ミドルグレード 家の本体価格が1,500〜2,000万円程度。それに諸経費がプラスされることで、総額が2,000〜2,500万円程度になります。一般的に注文住宅の価格帯がこのあたりです。間取りの自由度が高いのが特徴ですが、仕様はこだわる場所と妥協する場所などのメリハリを付ける必要があります。
ハイグレード 家の本体価格が2,500万以上で、諸経費がプラスされると、総額3,000万円以上になります。ハイグレード住宅になると、間取りや仕様の自由度が格段にアップ。予算が許す限り選択肢が増えていきます。

ご自身が払える予算額に合わせて、どのグレードの家が建てられるかを理解しましょう。まずは予算を立ててから建てる家のイメージを持つことが理想のマイホーム建てるポイントです。

なお、上記は建物のみの平均価格の目安です。土地から探す場合は、ここに土地の値段が上乗せされてきます。選ぶ土地の価格と合わせて費用感をつかんでください。

マイホームに欠かせない要望をピックアップする

家づくりの成功のコツは、「住みたい家をイメージする」こと。なぜなら、生活のイメージや希望するデザインテイストがあることで、積極的に住宅メーカーと相談することができるからです。

たとえば、キッチンは対面式がいいとか、屋根の形は片流れがいいといったようなものです。ご自身が実現したい生活をイメージして住宅づくりを楽しんでください!

施工事例の写真をできるだけ見る

理想の家を明確にするためには、施工事例を多く見るといいでしょう。頭の中で想像するだけでは気付けないこだわりポイントも、実際の施工事例を見ることで気づくことができます。

実際に建設された家を見学に行くのも良いですが、沢山の家を見て回るのは限界があります。そんなときは、インターネットの「画像検索」を利用するのもおすすめ。自分の希望する住宅の要素を検索するだけで多くの施工事例が出てきます。この方法なら時間もかかりませんし、短時間で多くの写真を見ることが可能です。

住宅の機能や性能を見極める

住宅メーカーとの打ち合わせでは、ついつい外観や内観のデザインに気を取られてしまいがちですが、住むときのことを考えて機能や性能を見極めることも重要です。いわゆる「生活動線」というもので、人や物が移動する際に軌跡や方向を考えることも忘れてはいけません。たとえば、キッチンの使いやすさや、洗濯物の干しやすさなど、日々使用する設備を一連の動作で使用できるかどうかが生活を楽にするポイントになります。

また、住宅自体の性能も忘れてはいけません。どんなにおしゃれな家でも、夏が暑くて冬が寒いといったつくりでは健康を損なう恐れも。デザインが気に入った住宅メーカーが見つかったら、そのメーカーの住宅性能を公式HPなどでチェックしてみましょう。快適な家、安心な素材で建てられているかどうかは、実際に住んだ時の満足度に大きく影響してきます。