資金計画を立てよう

マイホーム購入の資金計画の立て方をまとめています。

マイホームの資金計画、こうやって立てれば間違いない!

マイホームは、一生に一度の大きな買い物。いざ予算や資金計画を立てようと思っても、どこから手をつけたらいいのかわからないと思います。それもそのはず、誰も資金計画のことなんて教えてくれないし、ほとんどの方がはじめての経験なのです。

ここでは、はじめてマイホームを建てる人のために、資金計画の立て方を解説します。

人生のお金の使い道を計算する

まずは、今から老後までに必要なお金がどれくらいになるのか計算してみるところから始めましょう。

子どもの教育費、万が一の事故や病気のための備え、保険、親の介護のことなどを想定して、それらの出費を考えた上で余裕のある生活をするなら、月々どれくらいローンの支払いに充てることができるでしょうか。まだお子さんがいない場合は、出産費用だけでなく、産休・育休中の収入の減少も考える必要があります。

また、月々の生活費についても考えましょう。食費や光熱費、通信費、お小遣いなど、この機会にどれくらいのお金が出ていくのか洗い出してみるのがおすすめ。ムダ遣いに気づいて、節約を始めるきっかけにもなります。

これを考えるのが面倒ではありますが、ローンの返済に苦しんだり、マイホームを手放したりすることに比べたらラクなもの。手を抜かずによく考えてみましょう。

頭金について考える

毎月の返済額だけでなく、頭金がどれくらい用意できるか考えましょう。頭金がなくてもローンを組んで家が買える時代ではありますが、頭金なしだと月々の返済額が大きくなり、リスクが増します。

収入が途絶えてもしばらくは貯金だけで暮らしていけるように、手元にはある程度資金を残した上で、頭金を捻出しましょう。

全体の予算から諸費用分を差し引く

月々の返済額、頭金が決まると、土地や家の購入にどれくらいお金を使えるかがわかります。しかし、これをそのまま予算としてはいけません。マイホームの購入には税金や手数料、保険料などがかかります。これらを全体の予算から差し引いた額が、土地と家に使える金額となります。

たいてい、住宅購入の諸費用は一般的に100〜150万円と言われます。しかし、実際にはそれで収まらないことが多いです。引越し費用や家具・家電の買い替えなども計算に入れる必要があるので、思った以上に諸費用が大きいことを頭に入れておくとよいでしょう。