埼玉の土地探しのポイント

埼玉県の土地を地価と特徴で比較

東京のベットタウンとしてマイホームを建てる方が多い埼玉県。家を建てるのには土地がなければなりません。ここでは、埼玉県で土地から買うならどこがいいのか調査しました。地価の相場を知って、条件の良い土地に理想のマイホームを建てましょう。

地価を知って土地選びをする

埼玉県内の1m2あたりの地価を調べてみました。

志木市 253,222 円/m²
さいたま市浦和区 253,080 円/m2
さいたま市南区 253,080 円/m2
さいたま市大宮区 253,080 円/m2
さいたま市中央区 253,080 円/m2
さいたま市見沼区 253,080 円/m2
さいたま市桜区 253,080 円/m2
さいたま市北区 253,080 円/m2
さいたま市緑区 253,080 円/m2
さいたま市西区 253,080 円/m2
さいたま市岩槻区 253,080 円/m2
蕨市 250,000 円/m2
川口市 238,485 円/m2
所沢市 198,603 円/m2
川越市 158,360 円/m2
狭山市 119,240 円/m2
入間市 110,320 円/m2
飯能市 104,506 円/m2
入間市 110,320 円/m2
加須市 36,875 円/m2
羽生市 34,437 円/m2

さいたま市や蕨市、川口市などは都心に近いため、比較的地価が高い傾向にあります。埼玉西部エリアにある狭山市や飯能市は地価も安めなのでおすすめです。

加須市や羽生市はとてもリーズナブルな地価になっていますが、アクセスが不便なのが難点。地価を把握して自分の生活スタイルに合わせた土地を選びましょう。

エリアの特徴から土地を選ぶ

利便性の高いエリアは地価も高い

さいたま市は多くの区に分かれているのが特徴。範囲は広いですが、区内の地価はそれほど変わりがなく、埼玉県内でもずば抜けて地価が高いエリアです。

さいたま市内で一番おすすめの地区は、浦和区か南区あたりです。どちらも都心へのアクセスが良く、街も発展しているため日常生活で困ることもないでしょう。その他では、蕨市も東京に近く、都心へのアクセスが良い魅力的な街です。蕨市はさいたま市と同様に商業施設が充実しているので便利です。

誰もが狙うエリアの地価はどうしても上がるもの

当然といえばそれまでですが、地価が高いエリアは人気があります。ただし、その人気の理由はさまざまです。上記のさいたま市であれば、全国的にも名の知れた埼玉県の都市部であり、都心へのアクセスがよいという理由で地価が高いものです。

土地探しのポイントは、自分の生活イメージと払える金額を把握してベストなエリアを選択すること。人気のエリアは都市部であることが多く、裏を返せばのびのび暮らしたいニーズからはずれてきます。また、走っている路線や周辺施設を把握することで、地価の高い都市部並みの生活を実現することも不可能ではありません。

安いエリアは自然が多く静かだけど…

車がないと生活が不便

加須市や羽生市など比較的安いエリアは、自然が豊かで住みやすいところです。またご近所の仲がとても良く、地域の催事に関わることが多く賑やかです。しかし、駅までの距離が遠く利便性が低いため、車を所有していることが前提条件になります。

地価が高騰していない利便性のあるエリアは?

埼玉西部はアクセスも静かさも兼ね備えている理想のエリア

埼玉県内で都市部の利便性と郊外の静けさを兼ね備えたエリアが、当サイトでピックアップしている埼玉西部エリアです。狭山市・所沢市・川越市・飯能市・入間市を含む埼玉西部エリアは、駅周辺など人が集まる場所には商業施設や公共施設が充実しており、少し足を延ばせば雄大な自然を楽しむことも可能なエリアです。さいたま市と隣接しているエリアのため、都市部へのアクセスもよく、東京への通勤手段も確保されています。